MUSTAKIVI

“時間をとどめる” Toshiaki Hoshi Sawako Hoshi Exhibition

開催期間:2019年12月14日(土)~2020年1月26日(日)

■会期:
2019.12/14(土)〜 2020.1/26(日)
入場無料
火・水曜 休 ※その他、年末年始特別休業あり
10:00〜19:00(木・日曜 〜18:00)

 

■概要:
この度、フィンランドを拠点に活動している星利昌、 星佐和子の展示「時間をとどめる」を開催いたします。
「時間」を作品に「とどめる」こと、それはある場所で見た風景、感じた空気、気配、わき起こる想い、その二度と出会うことがない時間を、かたちや描いた線の内部に封じ込めること。そして、そのとどまった「時間」が見る人の心の奥でひらかれていくことに繋がっていきます。

星利昌は、フィンランドに12年住んで、この国の時間の流れや、季節の移り変わりの時に見せる自然の表情、人々の優しい気質などに触れ、少しづつこの国に適応してきました。いろいろな感情の変化が起きてきた中で、今持っている感覚をセラミックの作品にとどめました。

星佐和子は、フィンランドの自然からインスピレーションを受けて、その時に見た移りゆく自然の美しさをクレヨンのスクラッチ画として痕跡に残し表現。また、それを元にしたテキスタイルを制作しました。

これからも少しづつ変わっていく感覚に敏感でありながらも、この今しかない感覚も大事にし、本展で二人がフィンランドで感じた「時間」をみなさまと共有できたら幸いです。

*****

星 利昌 Toshiaki Hoshi
1985年生まれ、兵庫県伊丹市出身。ヘルシンキ在住。神戸で日本料理の修行後、2008年フィンランド・ヘルシンキに移り、Hotel Kämp, Chez Dominique, Atelje Finneといった現地のレストランで料理の経験を積む。2011年からRavintola Hoshitoを開業し独立。2016年からもともと興味のあった陶器制作を始める。2018年自身のお店を一旦閉める。現在作品は、ヘルシンキのSamujiやLokalで取り扱っており、Michelin一つ星のRestaurant Oraでも使用されている。

星 佐和子 Sawako Hoshi
テキスタイルデザイナー。1986年生まれ。ヘルシンキ在住。2008年武蔵野美術大学卒業後、フィンランドに拠点を移し、Aalto大学の修士号を取得。その後、Marimekko、Samuji、kokkaへのデザイン提供など、フリーランスとして活動。主に自然の美と記憶の中の風景をテーマに、クレヨンのスクラッチ技法を用いて制作している。2019年12月より活動名を浦 佐和子から星 佐和子に変更した。

   

■会場:
MUSTAKIVI(ムスタキビ)
〒790-0004
愛媛県松山市大街道3-2-27 1F-B1
http://mustakivi.jp

■お問い合わせ:
MUSTAKIVI(ムスタキビ)
TEL: 089-993-7496
MAIL: info@mustakivi.jp

EXHIBITON