石本藤雄

FUJIWO ISHIMOTO

作品の抽選購入
お申込ページ

申込期間:
2020.9.19-2020.10.18
当選発表:
2020.10.23

※お申し込みから購入までの流れは、各作品ページをご覧ください。

応募フォーム
お名前
メールアドレス
電話番号
購入をご希望の作品
注意事項

●お申し込みは、お一人様1回限りとさせていただきます。●発送は国内のみとなります。●当選した権利の譲渡・転売行為は固くお断りします。●ご連絡はメールとなりますので「@mustakivi.jp」のメールを受信できるように設定をお願いいたします。

作品の背景

石本藤雄が、50年に渡り、創作の拠点としてきたフィンランド。その地を離れる直前に手掛けた陶芸作品です。そのモチーフは「果物」。帰国を間近に控えた中、慣れ親しんだアラビア社のアトリエで、土を練り、削り、自身と向き合いながら、その手を使って生み出した造形。それは、花開き、大きく実った「果物」でした。そこに、橙または織部のような緑の釉薬が醸し出す表情が、作品の佇まいに深みを与えます。集大成とも言える、フィンランドからの、「実り」をお届けします。

愛媛県砥部町出身の石本藤雄。1970年にフィンランドに移り、1974年から2006年まで、マリメッコでテキスタイルデザイナーとして活躍しました。「和のデザインと北欧のデザインを融合させた日本人」として世界中に多くのファンが存在。その後、アラビア社のアート部門に属し、陶芸家として、草花や果実のレリーフをはじめとした表現力豊かな作品を多数生み出してきました。2020年9月より故郷の愛媛に拠点を移し、今後の新たな活動が期待されています。

石本藤雄がつくりだす「果物」という名の大ぶりのオブジェ。空間をやさしく満たす特別な魅力の宿る作品です。近年、「冬瓜」をはじめ、「実」をテーマに意欲的に制作してきた石本。抱く故郷への想い、変わらぬ原風景、みかん山の記憶から生まれた独自のフォルムに、フィンランドで生み出された鮮やかで深い色彩が加わり、見る人を魅了します。時を共にするほど、思い入れが深まるオブジェです。石本にとって2020年という大きな節目の年に制作された数少ない作品のひとつ。限られた数しか存在しない価値の高い作品です。

MUSTAKIVI Kolmeにて、Exhibitionを開催しています。ぜひ、会場にお越しいただき、実物の作品をご覧ください。

【石本藤雄展 実り】

会期:2020.9.19(土)–11.29(日)
※土日祝のみ開催
時間:11:00–17:00
場所:MUSTAKIVI Kolme
入場無料

––––––––––––––––––
MUSTAKIVI Kolme
〒790-0004
愛媛県松山市大街道3-2-27-3F