MUSTAKIVI

-石本藤雄-
FUJIWO ISHIMOTO


1974年から2006年まで、マリメッコ社(フィンランド)でテキスタイルデザイナーとして活躍し「和のデザインと北欧のデザインを融合させた日本人」として世界的にファンの多い石本藤雄。現在はアラビア社(フィンランド)のアート部門にて、草花や果実の陶板をはじめとしたバラエティー豊かな陶芸作品を制作されています。

「ささやかな美」への気づき、「らしさ」への回帰

石本藤雄の作品のベースとなっているのは、幼少の頃に過ごした愛媛県・砥部町の原風景。草木、花、いきもの、頬をすべる風、身近なささやかな美が心を温めてくれます。 そして、北欧フィンランドでの長きにわたる制作活動の中でその感性はさらに洗練され、日本ならではのわびさびや自然環境との調和を感じさせる、どこか懐かしく心地よいデザインとして私たちの心に響いてきます。

-FUJIWO ISHIMOTO ARCHIVES-